ペアガラス・エコガラス

ペアガラス

窓ガラスが寒い、または、窓の結露対策を何とかしたい。とお問い合わせを戴きます場合には、まず一般的には、断熱ガラスの代表「ペアガラス」の交換リフォーム工事のご説明をさせて戴きます。

ちなみに、防音対策としましては、ペアガラス単体でのお勧めは出来ません。

ペアガラスは、2枚のガラスとガラスの間に乾燥空気層を設けて、熱の出入りを少なくする断熱ガラスとなります。

特に、特殊金属膜をスパッター(ガラスに貼りつけること)加工して作ります「Low-Eガラス」は現在、木造戸建て住宅やマンションでも頻繁に使用されます。

このLow-Eペアガラスは、夏冬のエアコン等の効率も上がりますので、省エネ対策ペアガラスとして「エコガラス」とも呼ばれます。

それでは、代表的なペアガラスをご紹介致します。

ペアガラスに代わる高断熱ガラスの真空ガラス「スペーシア」の施工例はこちらからどうぞ。

ペアガラスとは?

「ペアガラス」ってどんなガラス?
ペアガラス構造

ペアガラスとは、2枚のガラスに間に空気層を作り、乾燥剤を入れたスペーサーをその四方に回し込んで合わせたガラスのことです。複層ガラスと呼ぶこともあります。

また、二重ガラス、合わせガラス、真空ガラスなどと混同することもございます。

このガラスの空気層は、5mm~12mmの間で製造できますが、一般的なものでは、6mmもしくは12mmで製作することが多いです。私たちが新築現場等で、マンションなどに使用する場合は、そのアルミサッシのガラス開口(ガラス溝幅)とシーリング(ガラスとアルミサッシを接着させる防水材)の幅との関係で、より適正な施工を行うために、このペアガラス(複層ガラス)の空気層で総厚みの決定を現場対応することもございます。

ただし、一般家庭でリフォーム用としてペアガラスに入れ替える場合は、そのままの厚みでは、既存のサッシには対応出来ませんので、住宅サッシ用に対応するための専用のアタッチメントを使用することによりはめ込むことが出来ます(後で図を使用して説明させて戴きます)。
このガラスの効果は、家の外と家の中への熱の流動を(出入り)を一般ガラスよりも少なくすることで、冬の寒い時期に、家の中へ寒い冷気を極力入れさせないようにし、また、製品によっては、暖房の熱を家の外へ逃がすのを極力押さえたものもございます。

それでは、ペアガラスの大きな2つの特長を説明させて戴きます。

結露対策(結露防止)

下の表は、一般的なペアガラスで、空気層6mmの場合、空気層12mmの場合と単板ガラスとの結露が発生する外気温度の比較です。やはり空気層を多く設けたペアガラスの方が、同じ厚みを使用しても結露軽減(結露防止)の効果が異なってくるというものです。(条件:室温20℃、湿度60%、室内自然対流、戸外風速3.5m/sの場合)。

ペアガラスの結露軽減というものは、一般的な数字としては上記のような表で説明しておりますが、実際は、湿度、室温、住む方の環境、住む方の人数、部屋などにより大きく異なります。
ペアガラスを取り付けた場合でも、結露が発生してしまうことはございます。
例えば、躯体構造別に見ますと、木造に比べ、鉄筋コンクリート造の方が気密性が高い分換気が不十分ですと結露が発生しやすいようです。

古い木造の場合は、いい意味で気密性が低いといいますか、木造という構造上、隙間が出来やすいため、寒さはありますが、十分に換気でき結露の発生を比較的最小限に抑えられるように感じております。
また、部屋別では、経験上最も多いのが、北側の窓と寝室での結露の発生です。北側の窓の場合は、日が当たらない分冷えやすいので結露が発生してえしまうことは良く考えられますが、寝室の場合は、人の寝汗、寝息などに含まれる水分が空気中の水分濃度を高める結果、湿度が高くなり、結露が早い段階で発生するという構図になります。それが、大人数の家族が同じ部屋に寝たり、ましてや、寝室が北側というケースが重なれば、当然結露はより発生しやすくなります。分譲マンションの構造上、どうしても南はLDK、北は寝室という設計が多いので、結露の発生は止むを得ません。
また、結露によるジメジメは、カビやダニの発生を促してしまうので、衛生環境上も不適切です。
ですので、これから新築マンションをご購入の方は、ペアガラスを標準仕様としているもの、あるいは24時間換気システムを採用しているマンションを選択される方がよろしいかと思います。
既にマンションや戸建てにお住まいの方も決して結露や断熱で諦める必要は決してございません。既存のアルミサッシを使用して、ペアガラスを取り付けたり、主流の真空ガラス「スペーシア」に入れ替えることをお勧め致します。と言いますのがガラス店としての見解であります。

ペアガラスの結露発生温度

断熱対策効果

ペアガラスの断熱性は、一般ガラスの2倍あるといわれています。

これよりさらに上を行く製品は、真空ガラス「スペーシア」でこれはペアガラスの4倍の断熱性能を持つ大変優秀なガラスです。また、ペアガラスの断熱性能は、その種類により、また、使い方によっても効果が異なります。
最近では、新築戸建て住宅や分譲マンション、中には、賃貸住宅にも必須アイテムとしてかなり高い割合で採用されています。
現に弊社で施工させて戴いた板橋区や練馬区にある新築鉄筋コンクリート造3階建の賃貸マンションでも高断熱工法で、窓にはペアガラスが採用されております。
ペアガラスには、様々な種類があり、それぞれ使用する用途に応じて、使い分けます。

ペアガラスの2つの特長はご理解戴けたかと思います。

次に、ペアガラスの種類について説明させて戴きます。

ペアガラスの熱貫流率

ペアガラスの種類

遮熱高断熱ペアガラス「ペアマルチレイボーグ」
ペアガラス「ペアマルチレイボーグ」
エコガラス「ペアマルチレイボーグ」

このペアガラスもエコガラスです。
この遮熱高断熱のペアガラス「ペアマルチレイボーグ」は、外側のガラスの内側に特殊な遮熱と高断熱性能を兼ね備えた薄い金属膜が貼られているのが特徴です。これを「Low-E」と呼びますので、建築屋さんの間ではこの遮熱高断熱のペアガラス「ペアマルチレイボーグ」のことを「Low-Eガラス」というように呼んでいる方もおられます。
このガラスの特徴は、冬の断熱効果・結露軽減の効果を発揮することはあたりまえですが、夏の冷房効果を高めるという点で非常に評価が高いところです。
この金属膜が通常のペアガラスとは大きく異なるポイントで、日射エネルギーを大きく反射するうえに、ガラス自体が吸収したほとんどの熱をペアガラスを隔てて外部へと放出し、夏の冷房効果を高めます。さらに、冬は、室外の冷たさを室内へ伝えにくく、室内の暖かさを室外へ逃げ難くするので暖房効果が上がるというわけです。
ちなみにこの「ペアマルチレイボーグ」の遮熱性能は、通常のペアガラスの約3倍、一般ガラスの約5倍の遮熱性能をもっています。また、日射熱量を焼く60%カットします。

一般ガラス3mmまた、一般のペアガラスと比較しましても、断熱効果はかなり高いことが分かります。

このガラスは紫外線に対してもLow-Eの効果で、紫外線の焼く86%をカットします。
色は、クリアとグリーンの2色があります。効果はそれほど変わりませんので、色が分かりにくいクリアをお勧めしております。

ペアマルチレイボーグ熱貫流率
結露が発生する外気温度の比較

遮熱・高断熱のペアガラス

「ペアマルチレイボーグ」

-21℃
通常のペアガラス  -4℃
一般ガラス3mm  +9℃

(条件:室温20℃、湿度60%、室内自然対流、戸外風速3.5m/s)※気温には誤差があります

高断熱ペアガラス「ペアマルチスーパー」
ペアガラス「ペアマルチスーパー」

このペアマルチスーパーもエコガラスです。

このペアガラスもやはり見た目は、通常のものと変わりありません。「ペアマルチレイボーグ」と同じくガラスに仕掛けがあります。この高断熱の「ペアマルチスーパー」は、先程のペアガラスとは異なり室内側のガラスのペアガラスの空気層の内側に特殊な高断熱性能の薄い金属膜が貼られているのが特徴です。
この高断熱に特化した「ペアマルチスーパー」の特徴は、冬の暖かい太陽の日射しを室内に十分取り入れ、室内の熱を逃がさず、高い断熱性能を追求したガラスとなっております。
この金属膜が通常のものとは大きく異なるポイントで、日射エネルギーを大きく反射するうえに、ガラス自体が吸収したほとんどの熱をこのガラスを隔てて外部へと放出し、夏の冷房効果を高めます。さらに、冬は、室外の冷たさを室内へ伝えにくく、室内の暖かさを室外へ逃げ難くするので暖房効果が上がるというわけです。

また、一般のペアガラスと比較しましても、断熱効果はかなり高いことが分かります。この「ペアマルチスーパー」の断熱性能は、通常のペアガラスの約1.5倍、一般ガラスの3.2倍もあります。

色は、クリアとグリーン、ブルーの3色があります。効果はグリーンが一番高いです。

ペアマルチスーパーの熱貫流率
結露が発生する外気温度の比較
高断熱ペアガラス
「ペアマルチスーパー(ブルー)」
-19℃
高断熱ペアガラス
「ペアマルチスーパー(グリーン)」
-21℃
高断熱ペアガラス
「ペアマルチスーパー(クリア)」
-17℃
通常のペアガラス  -4℃
一般ガラス3mm  +9℃

(条件:室温20℃、湿度60%、室内自然対流、戸外風速3.5m/s)※気温には誤差があります

防犯ガラスのペアガラス「セキュオペア」
ペアガラス「セキュオペア」
この「セキュオペア」は、防犯ガラス「セキュオ」とペアガラスが合体した、防犯・断熱結露軽減(結露防止)の性能を持った複合のペアガラスとなります。
お住まいの防犯対策はもちろん、快適性、経済性をレベルアップします。
「セキュオペア」は、ガラスを破るのに時間がかかるため、侵入をあきらめさせる効果のある防犯性能はもちろん、断熱性能も実現。不快な結露の軽減、冷暖房効果を効率よく引き出すなど、お住まいの快適性、経済性にも優れた機能を発揮します。
新築時のみの適用可能です。既存での断熱ガラス+防犯ガラスであれば、スペーシア守がおすすめです。
ペアガラスに光触媒「レイボーグ光」
ペアガラス「レイボーグ光」
このペアガラスは、先程の「ペアマルチレイボーグ」に、外部ガラス面に光触媒の機能を持たせているので、太陽の紫外線により繰り返えし、汚れ(有機物)を分解し、ガラス表面を親水化、散水で汚れが流れやすくなります。夏涼しく 遮熱高断熱Low-E膜が日射熱をカットします。
 この「レイボーグ光」は、夏涼しく 遮熱高断熱Low-E膜が日射熱をカットします。冬暖かい 中空層+遮熱高断熱Low-E膜が熱貫流率(熱が通り貫ける率)を抑えます。
このペアガラスの特徴の外部の足場がない部分の窓(FIX、すべりだし窓など)など、掃除の出来ない窓には最適です。

新築時のみの取り付けとなります。
ペアガラスと真空ガラス スペーシアの合体「スペーシア21」
ペアガラスと真空ガラスが合体「スペーシア21」
ペアガラスと真空ガラス「スペーシア」が合体したスペーシア21.50m厚の断熱材にも匹敵する断熱効果。日本板硝子が開発した真空ガラス「スペーシア」と遮熱・高断熱 Low-Eペアガラスとの組み合わせと、さらに空気層には、「アルゴンガス」を注入しておりさらに断熱効果をアップさせています。
厚みは18mmと21mmですので複層ガラス使用のサッシのみに対応しております。
もちろん、強力な防音対策になるガラスでもあります。
薄型の耐熱強化高断熱ペアガラス「ペアスマート」旭硝子
「ペアスマート」旭硝子
ペアスマートもLow-Eガラスを使用しておりますのでもエコガラスとなります。
最近の窓ガラスリフォームでは、ペアガラスはその厚みがネックとなっていたので、超薄型の真空ガラス「スペーシア」を重宝されあまり使用頻度が少なくなりました。
しかしこの「ペアプラス」は、3mm+4mmガス入り+3mmという構成ながら防火対応になっている業界初の薄型防火タイプの高断熱ペアガラスとなります。
確かに、今まで真空ガラス「スペーシア」も防火対応のものはありましたが、網入りガラスとなっております。網入りガラスは、非常に繊細で、熱割れを起こしやすいガラスとなります。
ところが、このペアスマートは、網なしの3mm耐熱強化ガラスを使用しておりますので、熱割れの心配がほぼござません。
また、強化ガラスですので、薄いガラスなのに、比較的高層階でも使用できるメリットがございます。総厚10mmは、網入りスペーシア9.8mmとほぼ同等です。
しかも、網入りスペーシアよりも価格は抑えられています。
「ペアスマート」旭硝子クリア
先程、防火仕様のお話をしましたが、非防火タイプももちろんございます。
防火仕様では、今までの常識では網入りガラスとなりますが、このペアスマートの防火仕様では、網がないので、すっきりしてクリアで、視界が開けます。

このガラス、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策にもつよいペアガラスです。

下図をみますと、夏場は、太陽熱を59%カットし、冬場の断熱効果、つまり熱貫流率という断熱性を表す数字ですが、これは低ければ低いほど断熱効果があるというものです。

ペアスマートは、1.92ですので、断熱性能はかなり高いです。ちなみに、真空ガラス「スペーシア」が1.4ですから、リフォームできる断熱ガラスとしては、2番目くらいにすごい断熱性能をもつリフォーム用ペアガラスとなります。

ペアスマートの暑さ対策と寒さ対策

夏の暑さ対策と冬の寒さ対策のの効果

アタッチメント付きペアガラス「ペアプラス」旭硝子
ペアガラス「ペアプラス」旭硝子
このペアプラスというペアガラスもエコガラスです。
ペアプラスというのは、商品名でありまして、ペアガラスというのは、複層ガラス・二重ガラスなどの総称です。
先ほどからよんでいる
エコガラス』とは?・・・・・熱の出入りをコントロールする特殊金属膜を貼ったガラス(Low-Eガラス)を使用しているペアガラスや真空ガラスのことを言います。ですので、このペアプラスは、エコガラスの一つでもあるペアガラスということになるのです。

冬場の冷気を遮断し尚且つ部屋の暖房を表に逃がしにくくしているのは、このLow-Eガラス(高断熱ペアガラスや真空ガラスに使用されています)を使った「エコガラス」のお陰です。
また、夏場も太陽熱を半分以上カット尚且つ、冷房効率をアップさせているのは夏用のLow-Eガラスを使ったペアガラスのお陰です。
後でも紹介致しますが、このペアプラスも冬場重視の高断熱タイプのペアプラスと夏場・冬場重視の遮熱・断熱タイプのペアプラスの2つの種類のある『エコガラス』です。
今お使いのサッシに、入替をするだけで断熱効果を発揮出来るリフォーム専用のペアガラスです。
特徴は、今までのアタッチメント付きペアガラス(ペアマルチホームなど)と異なり、ガラスとガラスの間に「アルゴンガス」が入っていることで、これによりガスなしのペアガラスと比較し、約1.3倍の断熱性能を発揮出来るという点でございます。
 
ペアガラス「ペアプラス」の断熱性
熱貫流率は真空ガラス「スペーシア」に劣りますが、5mmないし6mmという薄い空気層にしてこの性能はかなり高性能な断熱エコガラスです。もちろん、片側のガラスは特殊金属膜を貼った[Low-Eガラス」を使用しております。
また、ガラスは、大きく分けまして、

・高断熱性(シルバー色系)
・遮熱・高断熱性(グリーン色系)
の2種類ございます。

遮熱性能は、およそ太陽熱を約50%カット致します。
 
ペアガラス「ペアプラス」の断熱性
熱貫流率は真空ガラス「スペーシア」に劣りますが、5mmないし6mmという薄い空気層にしてこの性能はかなり高性能な断熱エコガラスです。もちろん、片側のガラスは特殊金属膜を貼った[Low-Eガラス」を使用しております。
また、ガラスは、大きく分けまして、

・高断熱性(シルバー色系)
・遮熱・高断熱性(グリーン色系)
の2種類ございます。

遮熱性能は、およそ太陽熱を約50%カット致します。
 

ペアガラスの交換工事方法

アタッチメント付きのペアガラスで交換工事をする方法
ペアガラス アタッチメント
まずは、既存サッシに取り付けるには、必ず、既存サッシ取り付け用の専用のアタッチメントを取り付けたものを使用します。
 ペアガラス(複層ガラス)は、厚いガラスのため、それ専用に作られたサッシでなければ基本的には施工することが出来ません。しかし、この専用アタッチメント付きのペアマルチホームは、一般の板ガラス用のサッシにでも取り付けられるための専用のアタッチメントを取り付けてあるのでお客様が現在ご使用の既存のサッシにでも取り付けることが出来ます。
アタッチメントを使用できるペアガラスには、日本板硝子製ですと「ペアマルチレーボーグ」や「ペアマルチスーパー」など、旭硝子製では、先にお話しをさせて戴きました「ペアプラス」がそれにあたります。
既存の1枚ガラス用サッシ(住宅木造用サッシ)に取り付ける場合は基本的にはこのアタッチメントを取り付けます。
グレージングチャンネル(巻きゴム)で交換工事する方法
ペアガラス グレチャン(巻きゴム)
次に、ゴムパッキンを使用して取り付ける方法の説明です。
このゴムパッキンは、「グレージングチャンネル」略してグレチャンとよばれるもので、専用の太いゴムを巻き付けてサッシに貼込みます。 
この場合、ペアガラスとゴムを別に注文して弊社の作業場で巻くタイプと、メーカーさんから予め巻いてガラスと一緒に納品されるものがございますが、今はほとんど予めメーカーさんで巻いたものが納品されます。
また、木造住宅サッシではこのグレージングチャンネルを使用する場合がほとんどと言えます。
マンションサッシでは次に説明します「シーリング」施工がほとんどでございますが、最近では、改修工事でのペアガラスにおきましては、このグレチャンを使用することも増えてきております。
現に弊社でのアルミカバー工法でのペアガラスの施工方法では、このグレチャンを採用するケースが増えております。
シリコーンシーリング材を使用する交換工事方法
3通り目は、ペアガラスとサッシの間に生じる隙間にシーリング材(コーキング材ともいいます)という固まるとゴムのようになるペアガラスとサッシを接着させる材料です。

ペアガラスと真空ガラス「スペーシア」どちらがお勧めなの?

これまで、ペアガラスについて述べてきましたが、実際のリフォーム工事で圧倒的に多いのが、実は真空ガラス「スペーシア」です。

真空ガラス「スペーシア」とは、2枚の硝子の間に0.2mmという真空層を設けることにより、高断熱機能を持たせた硝子です。
このペアガラスと真空ガラス「スペーシア」で大きく異なる点は、断熱性能、結露軽減(結露防止)という点で断然真空ガラス「スペーシア」の方が良いということ意外に、施工面によることが大きいのです。
ペアガラスは、専用アタッチメント付きペアガラスでも最低12mmの厚みが必要ですが、真空ガラス「スペーシア」は、6.2mm(透明ガラス3mm+真空層0.2mm+Low-Eガラス3mmの場合)という薄さで、高い断熱性能を発揮する大変優れたガラスです。

また専用のアタッチメントなどは必要とせず、9mmガラス溝幅の開口という昔の木造用住宅サッシにも対応できますので、非常に便利で、性能をより引き出すことが出来ます。
ペアガラスの専用アタッチメントは、実はアルミ製でして、この部分も結露が発生してしまうことがあります。また、外側へ飛び出す関係上、網戸にも干渉したり、クレセントがかかりにくくなることもタタあるので、ペアガラスを既存サッシへ取り付ける場合は、何かしらの支障がございました。

そして、ペアガラスと真空ガラス「スペーシア」との最大の決定的な違いは、先程も申し上げましたように、断熱・結露軽減(結露防止)の効果が全く異なります

ペアガラスの場合は、結露は軽減出来ますが、発生してしまうことが多い反面、真空ガラス「スペーシア」は、結露の悩みを殆ど解消出来ることが多いということです。

ただし、100%結露防止できるかといいますと、それは出来ません。実際に施工をさせて頂いたお客様でも結露が発生してしまったという方はいらっしゃいます。
しかしながら、ペアガラスに替えるというお客様でも私は、真空ガラス「スペーシア」をお勧め致します。
それは、100%ではないながらも、弊社のこれまでの実績をご覧戴ければお分かりのように多数のお客様よりご依頼を頂戴し、また、多くのお客様より追加でのご注文を戴いております。

是非、ペアガラスをお考えのお客様は、真空ガラス「スペーシア」をご検討下さいませ。

ペアガラスに代わる高断熱ガラスの真空ガラス「スペーシア」の施工例はこちらからどうぞ。

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

まずは、メール、お電話、FAXにてお問い合わせ下さいませ。

お問合せ

まずは、メール、お電話、FAXでご相談内容をご説明下さいませ。

平日はお仕事で忙しいという方のために、土曜日もご相談を受け付けております。

お客さまとの対話を重視しています。

無料相談

とりあえず概算見積りというお客様は、現在の窓状況や大体の大きさをお聞きし、メールやFAXにてご返答させて戴きます。

何をしてよいかわからないというお客さまには、お伺いさせて戴き、お話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングし、入念な現地調査をいたします。

弊社の経験を活かしたご提案をさせて戴きます。

正式見積

ヒアリングを元に、お客様のご自宅、ご予算に合ったご提案をさせて戴きます。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

ご契約・製品製作

工事日に関しましては、製品発注後、納期が確認出来てから決定させて戴きます。

正式見積の内容でよろしければ、ご契約となります。

それから、製品の製作になります。

メーカーからの納期がわかりましたら、工事候補日をご連絡させて戴きます。

ご都合はよろしくなければ遠慮なく申し付け下さいませ。ご相談させて戴きます。

工事・お支払い

丁寧に、慎重かつ正確に工事を行います。

工事日を決定して、工事をさせて戴きます。工事完了後、現金でお支払い戴くか、請求書お渡し後、1週間以内でのお支払いとなります。

※工事内容により、前金を戴く場合がございます。

目安料金表

ここでは弊社サービスの目安料金についてご案内いたします。

目安料金表
サービス名 大きさ(mm) 金 額
高断熱ペアグラス「ペアプラス」 1700×1700 103,900円~

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

その他メニューのご紹介

弊社の二重窓・内窓工事について説明しております。

弊社のアルミサッシ交換工事について説明しております。

弊社の真空ガラス「スペーシア」工事について説明しております。

無料相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-935-089

受付時間:8:30〜18:00
休業日:日曜・祝日

島田硝子店 島田和宏

ペアガラス・アルミサッシ工事・交換・リフォーム 島田硝子店

0120-935-089